NDC 株式会社日本データコントロール

ENTRY

NCDのDNA

東京本部

事業部長からのメッセージ

代表取締役社長 兼 事業部長 山口喜久

高い技術を追求し新しい未来を切り開く

最新のテクノロジーで人々の暮らしを変える

人を幸せにするロボットの開発を目指して

これまでロボットと言えば、産業ロボットのように製造分野における利用が主でしたが、今後は人と会話するコミュニケーションロボットなど、サービス分野での需要が急速に高まると予想されています。ロボット開発部門では、人に寄り添い、日常生活を支援することで関わる人々を幸せにするロボットを開発していきたいと考えています。

社会の労働力不足を補うRPAの活用

我が国は少子高齢化に伴い、労働力不足が深刻な問題となっています。RPAは、これまで人手で行ってきた多くの定型業務を自動化する事で、生産性と品質の飛躍的な向上が期待できる、今最も注目されているツールです。これに加えて、当社がシステム開発を通じて蓄積してきた高い技術力を活かし、業務プロセスの抜本的な改善や業務の可視化を行い、仕事の属人化を防ぎます。私たちはRPAの活用を通じて労働力不足が深刻化する社会に貢献していきたいと考えています。

IoT技術を駆使して社会にイノベーションを

人とモノを繋ぐIoTは社会に革命をもたらす技術として、様々な研究が行われています。その利用分野は、自動車、家電、物流、農業など多岐にわたり、その可能性は無限に広がっています。これからは業務システムとの連携、ロボットとの融合も加速していくでしょう。まずは札幌営業所の地域に根差した農業向けIoTから…私たちの夢が社会にイノベーションをもたらします。

ページトップへ