株式会社 日本データコントロール

  • トップ
  • ソリューションサービス
  • ソリューション製品
  • 採用情報
  • 企業情報
  • お問合わせ

ソリューションサービス

基本構想~移行計画フェーズ

基本構想フェーズ

移行方針書作成支援サービス

マイグレーションご希望もその内容が具体化されていないお客様向けのサービスです。お客様の現状を伺い、弊社ノウハウをご紹介しながら、どの範囲をどのような方式でマイグレーションを行う事が最適かをお客様と共に検討し、移行方針書作成をご支援させて頂きます。
(マイグレーションを実施するかお悩みの段階でもご相談承ります)

資産棚卸~移行計画フェーズ

アプリケーション資産棚卸サービス

現行システムのアプリケーション資産内容について調査作業を行い、移行対象資産の規模/範囲を明確にします。当サービスにより膨大なホスト資産の中から本当に移行が必要な資産を絞り込むことで、無駄な移行設計/変換/テスト工数にかかるコストを大幅に削減することが出来ます。

アプリケーション移行性分析サービス

移行観点で各資産内の使用ステートメントを分析し、そのパターンを抽出するとともに、新旧言語間の移行性を評価します。当サービスにより移行難易度や再構築範囲が明確になり、アプリケーション資産移行における工数見積のための材料になります。また、移行時におけるリスクや検討事項を具体的に把握することができます。

データベース分析サービス

現行システムデータベースの現状調査を行うとともに、移行対象アプリケーション資産との関連性を分析し、移行対象テーブルを選定致します。また、移行後DBMSの各種制限事項よりその移行性を分析し、移行方針を検討致します。

当サービスによりデータベース移行における工数見積のための材料になります。また、移行時におけるリスクや検討事項を具体的に把握することが出来ます。

業務分析支援サービス

資産変換にのみ注目し移行を行うと、ホスト⇔オープン環境の相違から、移行後の運用上想定外の問題が起こるケースが散見されます。

当サービスでは、お客様の業務内容や、現在ご利用のツール/ミドルウェア、及び周辺システムとの連携状況等についてお伺いし、資産移行を行うことで影響が及ぶ内容について、その整理・分析作業をご支援させて頂くものです。

移行計画書作成支援サービス

調査分析だけ完了していても、具体的にそれらをどのような計画で新環境へ移行し、本番稼動を迎え、かつ運用していくのか、その全体的な計画の立案が必要になります。

当サービスでは弊社内に蓄積されたノウハウ、各種分析結果、およびお客様ご要件を基に、移行に関わる全体計画の策定をご支援致します。移行計画書上で移行プロジェクトの具体的な内容(全体作業工程/スケジュール/役割分担等)を記載し、可視化致します。

また、本サービスの位置づけは通常システム開発における『要件定義』に当たりますので、移行計画書がRFPの基礎資料になり、全体工数見積を把握するためにも必要となります。

お問合わせフォーム
03-5791-5015 受付時間/9:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)