NDC 株式会社日本データコントロール

ENTRY

NDCの仕事

NDCの仕事

お客様から信頼されるパートナーを目指して、企業の情報システムの設計・開発・構築・保守・運用サービスを中心に、NDCブランドのパッケージソフト製品の開発・販売、さらには、クラウドを利用した様々なサービスの企画・開発・運用まで、NDCは幅広い仕事を行っています。

NDCの仕事の特徴

情報システムの設計・開発・システム構築

情報システムの設計・開発・システム構築(SI)

お客様の業務システムを主体とした情報システムや業務用ソフトウェアの設計・開発を行っています。業界・業種は製造、流通、金融など広範囲にわたり、開発内容も、生産、販売、物流、経理、営業など多岐にわたる業務に及んでいます。また、情報システムのコンサルテーションや企画から運用まで、総合的なシステム構築も行っています。
お客様と一緒に仕事をして汗を流し、お客様のご要望に応え、お客様から感謝の言葉を直接いただくことができるやりがいのある仕事です。

社員のコメント付き 情報システムができるまでの流れを見る

プロジェクトストーリー

NDCブランドのパッケージソフト製品の開発・販売

みんなの外字

“NDCが培ってきた技術力を生かしNDCブランドの自社製品を市場に”、社員のそんな願いから30年前に始まったのが自社製品の開発です。これまで様々なパッケージソフト製品を自社開発し、お客様に提供してきました。

クラウドサービスの企画・開発・運用

さらっと販売管理

Clono

クラウド上の塗料販売店向けサービス「さらっと販売管理」、手書きノート共有Webサービス「Clono」もNDCが一体となることにより生まれました。開発時は、社内外における意見交換、プロトタイプ作成と試行、社員からのアイデア提案など、会社の規模の特徴を生かしてフットワーク軽く社内を巻き込んだ活動を繰り返し、フィードバックを反映しています。NDCが一体となり、みんなの思いがこもったサービスとして公開しています。

最新技術の勉強やお客様や世の中のニーズを追い続けることは大変ですが、新サービスの企画・開発は、新しい価値を世の中に届けるというやりがいのある仕事です。

情報システムの保守・運用管理

情報システムの保守・運用管理

情報システムは開発の終了がゴールではありません。情報システムを実際に使用し、機器の故障など日々発生するトラブル、情報システムの改善点への対応を繰り返し、お客様に利益を生み出して初めて情報システムが価値あるものとなります。NDCではお客様の情報システムの機能拡張や補修などの保守業務や、データセンターやコンピュータルームの運用管理・オペレーションなどの業務も行っています。

社員のコメント付き 情報システムができるまでの流れ

お客様の情報システムは、開発され稼働し、運用されていく中で機能拡張などを行い、また新しいシステムへ生まれ変わっていく、という息の長いライフサイクルを持っています。

プロジェクトチーム結成

プロジェクトマネージャーが任命され、システムの内容・規模に合わせて必要なメンバーが招集されチームが結成されます。

“プロマネは、システム完成まで、納期・コスト・品質・性能、メンバーの体調など様々なことに気を配りながら、プレイングマネージャーとなってプロジェクトがうまく進むように頑張っています。”

要件定義

システム構築は、その要件定義からスタートします。
お客様がシステム上で何を実現させたいのかを伺って、システムで実現すべき機能を明確にして、それを図や文書で表現して、お客様と共通認識を得ます。

“この段階でお客様のニーズを的確につかまないと、設計・開発が進んでお客様によるテスト段階になって初めて、認識のずれが分かって大慌てといったことになったりしますからね。”

設計

お客様と共有した要件定義を基に、システムやプログラムの仕様書(設計書)を作成します。システムの構造や流れを決める基本設計、画面やプログラムごとの詳細設計と徐々に細かな内容を決めていきます。システムエンジニアの活躍の場です。

“開発しやすいシステムではなく、お客様が使いやすいシステムになるよう意識しています。現場のお客様がどのように使われるかをしっかり理解することが大切です。”

開発

ここからソフトウェアエンジニアが活躍します。開発メンバーがそれぞれの担当分のプログラムを作成していきます。プログラミングが終わると、そのプログラムが正常に動作するかを確認する単体テストを実施します。

“作成したプログラムは、システムが稼働した後で別の人が改修する可能性があります。プログラムの中に適度にコメントを入れて、何をしているか分かるようにしています。単体テストでは、チェックリストをしっかり作ってテスト漏れがないようにする必要がありますね。”

テスト

開発メンバーそれぞれが開発したプログラムを一つのシステムにまとめ上げていき、お客様が望まれているシステムの形にしていきます。
プログラムをつないだ時に正常に動作するかを確認するのが結合テスト、システム全体がお客様の要望通りに機能しているかを確認するのが総合テストです。総合テストをクリアしたら、お客様に納品します。

“テストの後半になればなるほど、問題が発生すると解決に時間が掛かりますね。時には、要求仕様のそもそもの間違いが原因だったということも。開発の出発点である要求定義の重要さを感じています。”

本番稼働

いよいよ本番。プロジェクトチームで作り上げたシステムをお客様が業務で使い始められます。

“お客様から「使いやすくなった。速くなった。ありがとう」とわざわざ声をかけていただき、それが本当に嬉しくて、今もその思いを胸に仕事に励んでいます。”

運用・保守

システム稼働後も運用をサポートをする要員を配置したり、保守契約を結んで、トラブル対応やシステムの改修作業を行ったりします。

“お客様の業務内容の変化やソフトウェアのバージョンアップ等が必要になると、大規模な改修や新たなシステム構築へとつながっていきます。システム稼働後もきちんとサポートしていくことが次の契約へとつながっていくのです。”

CLOSE

ページトップへ